飛行機 むくみ

私は足がむくみやすいので、こまめにマッサージをするようにしています。
特にデスクワークや立ち作業が続くと、足がすぐにむくんできます。

 

夕方靴を履くと、足がむくんできつくなっていることも多くあります。
特にふくらはぎはもともと太いのですが、足がむくむとさらに太くなってしまいます。

 

そのため、ブーツや長靴類はかなり余裕のあるものを買わないと、夕方はきつくてふくらはぎで止まってしまうこともあります。

 

私がむくみ対策として効果があったものは、加圧ソックスです。
ハイソックスでしたが、それを履いていると夕方になっても足がむくむこともなく、靴もほぼ朝と同じような感覚で履くことができました。

 

足がむくんでくると毛細血管が表面に浮き上がってきます。
同時に足に鈍い痛みのようなものを感じてきます。

 

足を見てみると、足首からひざ下までむくみが起きていて、無数の毛細血管が見えます。
特にひざ下の毛細血管が多く見られます。

 

少しだけでもマッサージをしてあげると、毛細血管が消えていきます。
普段はパンツを履く機会が多いので、足が見えることはありませんが、むくみがある状態では、とても足を出すことはできません。

 

むくみで足から汗をかかない

 

加圧ソックスとマッサージは効果がありました。

 

むくみが原因なのか冷え症が原因なのかは分かりませんが、足はどんな暑くても汗をかくことがめったにありません。
真夏でもうっすらと濡れる程度です。

 

逆に上半身はかなり大量の汗をかいてしまいます。
上半身は新陳代謝が良いのか、むくみこともなくわりと快適です。

 

足のむくみの期間が長すぎるせいか、逆にこの状態に慣れてしまっています。
しかし、エコノミー症候群などの怖い病気を知ると、やはりむくみは早めの解決が大切だと思ってしまいます。

 

私は足がむくんでいると感じた時は、足を上にあげるようにしています。
また、足をバタバタさせて、なるべく血流を下げるようにしています。

 

足がむくんでくると、足首のあたりから重くなってくるのがわかります。
そのため、意識的にマッサージなどを行って、むくみを取るようにしています。

 

効果が高いのは入浴時のマッサージです。
入浴時のマッサージは必ず行うようにしています。

 

しかし、シャワーだけで済ませてしまう時は、足のマッサージができないので、どうしても足のむくみが取れない状態になってしまいます。
今後は毎日時間を決めて、丁寧に足のむくみを取るようにしていきたいです。